住まいの中の家具の役割はインテリア性もある

私が考える住まいの中の家具の位置づけについての話。私の好きな家具ブランドを中心に話を進めていく。

ENTRY
住まいの中の家具の役割はインテリア性もある

私の住まいにおける家具の位置づけ

私が好きな家具ブランドはUNICOというブランドであります。
他にもMOMOnaturalやWATASHINOHEYAなどがあります。
UNICOのいいところは、とにかくカッコカワイイのです。
その姿、かたちは洗練された彫刻のようであります。
そう、私の住まいの中の家具は、常に美しく洗練されていなければならないのです。
なぜならそこに住む、私自身が洗練されていたいからです。

あなたはいかがでしょうか?あなたの住まいの中の家具はどのような位置づけでありますか?アメリカ風?イギリス風?アジアンテイスト?いろいろでしょうね。
しかしどこの家具でも構わないと私は思います。
私にとってUNICOは洗練された家具であるように、あなた自身の中の位置づけがあるはずであります。
家具ごときでこんなことを書くのも、自分でもどうかと思うが、家具は住まいの中よりも人生の中で自分の生き方を現すべきものであると考えています。

しかし、アウトレットでも構わないではないかと考える方もいるでしょう。
私から言わせれば、それなあなた自身がアウトレットのようだと思います。
アウトレットではなく、アンティークを丁寧に、長く使用している方とはわけが違います。
むしろ壊れてしまいそうな家具を長くきれいに使うその心は新品の家具をほしがる人間よりも美しいかもしれないですね。ここまで書いて言うのもなんだが、一番言いたかったことは私はUNICOが好きだということです。

注目のこのネタ、このサイトがお勧め

Copyright (C)2018住まいの中の家具の役割はインテリア性もある.All rights reserved.