住まいの中の家具の役割はインテリア性もある

家具屋さんでアルバイトをしていた私は、そこで1人住まいにお勧めできる家具をたくさん知りました。

ENTRY
住まいの中の家具の役割はインテリア性もある

1人住まいに使いやすい家具

1人住まいの朝食にトーストを焼こうと思ったとき、トースターには食パン1枚入れば十分であるところを、多くのトースターは2枚入るようになっていて、その空いたスペースに無駄を感じてしまうのではないでしょうか。トースターそのものが幅を取るだけではなく、空いているスペースに無駄な電気代がかかっていると思うと、余計に勿体無い気がします。

しかしそういった問題を解決してくれる家具や家電について知った私は、きっとこの先、もし1人住まいをすることになったとしても、上手にこれらの家具や家電を購入できると思います。
その解決できる家具や家電というのは、1人用のサイズに作られているものです。
例えばトースターであれば、食パン1枚がぴったりと入る大きさに作られていて、とても小さくてコンパクトなものがあります。
他にもお米を1合しか炊くことのできない炊飯器であったり、1枚のランチョンマットしか敷くことのできないテーブルや、1人掛け用のソファなどもあり、これらは全て1人住まいにぴったりの家具や家電といえるのではないでしょうか。

私は以前、家具屋さんでアルバイトをしている中で、こういった便利な1人用の家具や家電について知り、1人住まいを検討されているお客様に対してお勧めもしてきました。そんな私は、このアルバイトで得た知識を基にして、きっと自分が1人住まいをすることになったとしても、こういった家具や家電をそろえて上手に暮らせる自信があります。

注目のこのネタ、このサイトがお勧め

Copyright (C)2018住まいの中の家具の役割はインテリア性もある.All rights reserved.