住まいの中の家具の役割はインテリア性もある

住まいの中に置く家具は、背の高いものは地震時に倒れるので危険です。地震のことも考えて揃えるのがいいです。

ENTRY
住まいの中の家具の役割はインテリア性もある

住まいの中に置く家具は、背が高いものは危険です

私は神戸に住んでいます。
阪神淡路大震災を経験しています。
その経験から思ったことは、住まいの中の家具はあまり背が高いものは地震時に危険ということです。
地震前まで私の家には背の高い物がたくさんありました。その方がたくさん収納できて、便利だから、背の高いものばかり買っていたのです。
ところが地震時に、物すごく危険なことになるのです。
と言うのは、背の高いものは、地震時に倒れるのです。

そして、下手をするとその下敷きになるのです。
私は、もう少しで、下敷きになる経験をしました。地震が起きたのは、朝方だったと思います。
熟睡している時でした。ドーンと言う音と共に大きな揺れが始まり直ぐ目が覚めました。そしたら、目前数センチのところにタンスが倒れてきたのです。
激しくドンと言う音と共に倒れてきたのです。
もし下敷きになっていたら、死にはしなかったかも知れませんが下敷きになってかなり怪我をしていたと思いました。

それから地震が終わり、家の中を歩くと、背の高い家具は全部倒れているのです。
幸い、家族はこれらの下敷きにならずに済みました。運がよかったのです。
もし運が悪かったら、息子や娘や嫁さんが下敷きになっていたかも知れません。それからみんなで、これらを立て直したのです。
その時に、背の高いものは、危険だなとみんなで言い合いました。その地震が終わって家を片付けてから、少しずつですが、これらの背の高いものを買い換えて行きました。もし、また強い地震が来たら、今度は下敷きになるかも知れないからです。

注目のこのネタ、このサイトがお勧め

Copyright (C)2018住まいの中の家具の役割はインテリア性もある.All rights reserved.